Site Overlay

Google広告を例にしたWeb広告について

■Google広告のサービスとは
Google広告のサービスはPPC形式のサービスです。PPCはPay per clickの略で、広告をクリックすれば、費用が発生する仕組みです。広告を見せるだけは費用が発生しないというのがポイントになります。

■Google広告の種類
Google広告は以下の種類に分けられます。
 ・検索広告:Googleの検索結果と一緒に表示される広告です
 ・ディスプレイ広告:テキスト広告やバーナー広告をGoogleサービスのホームページやアプリに表示する広告。
 ・動画広告:YouTube動画に流れる動画広告
 ・アプリ広告:アプリを宣伝する広告
■Google広告をはじめるには
以下の流れでGoogle広告を始められます:
a. Googleアカウントを作成する
b. Google Adsにログインする
c. 広告を作る (1日の予算を設定する)
d. Googleに入金する
e. 残高が終る次第で広告が表示しなくなる

ここで注意しないといけないのはGoogle広告を作成するだけで必ずにも検索のトップページに現れるわけではありません。

■広告には点数があります
Google広告には作成した広告に対し、Googleの独自の評価システムにて点数で評価されます。点数が高い広告が検索に表示されやすくなります。以下の点が点数に評価される項目です:
 ・広告に使用する言葉と広告に設定したキーワードとの関連性
 ・広告とホームページとの関連性
 ・ホームページの滞在時間
 ・入札するキーワードの単価が高い

■Google広告のメリット
以下3点がGoogle広告を行うメリットです:
 ・ユーザガイドをターゲットできる広告を作成できる
  例:『東京駅付近の人にマカロンを宣伝したい』という目的に合わせて、
  『スマホ検索』、『東京駅の200m半径』、『17~20時の時間帯』、『キーワード:マカロン、映える、カワイイ』などを設定し、
  広告を作ることができます。
 ・低価格から始められる
  クリックされたら費用が発生する広告のため、低予算から始められます。残高が終わる次第までしか広告が表示されませんので、
  やめるタイミングがコントロールしやすいです。
 ・結果検証が行える
  どの広告が有効だったのかデータとして残るため、結果検証にもとても有効です。